読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

廃棄物原料船積前検査CCIC-京貿環達(北京)管理諮詢有限公司

>>廃棄物原料船積前検査、申請から証明書発行までの流れ

 中国向け廃棄物原料船積前検査は、以下のプロセスで実施されます。

1.輸入廃棄物原料国外供給企業登録
 中国に廃棄物原料を輸出するには、事前に、中国の国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)の『輸入廃棄物原料国外供給企業登録』を済ませ、その登録許可を取得しておく必要があります。 詳しくは、AQSIQのウェブサイトでご確認下さい。また、メニュー廃物原料検験の海外供給企業登録のページもご参照下さい。


2.廃棄物輸入許可
 AQSIQから輸入廃棄物原料国外供給企業登録の許可を取得された荷送人は、中国向け廃棄物原料の貿易契約がまとまった時点で、現地荷受人を介し、中国政府機関の国家環境保護総局へ廃棄物輸入許可を申請し、審査を受けた上で許可書を取得します。


3.廃棄物原料船積前検査
<検査申請>
 先の『輸入廃棄物原料国外供給企業登録許可』と『廃棄物輸入許可』を取得し、船積み予定している廃棄物原料の出荷準備が整った段階で、日本に於ける認可検査機関である日中商品検査株式会社(以下、JCIC)へ廃棄物原料船積前検査の受検申請を行っていただきます。
 受検申請にあたっては、所定の方法でオンライン申請し、その画面をプリントアウトして頂き、輸入廃棄物原料国外供給企業登録許可証、廃棄物輸入許可証の写しと共に御提出頂きます。JCICは、申請内容に不備が無い事を確認した上で、受検申請を受理いたします。

 

<船積前検査>
 申請受理された案件は、担当検査員が施検日時等のスケジュール確認を行い、船積み(コンテナ詰め)予定日に先駆けて検査を開始します。
 検査は、原則、ストックヤード等の廃棄物原料が保管されている現場にて実施され、対象廃棄物原料の輸入廃棄物環境保護規制基準に則って、中国政府発表の輸入禁止品目やその他環境に悪影響を及ぼす可能性のある廃棄物が規制基準値以上に混入していない事、放射性物質の混入が無い事、再資源化出来ない一般ゴミの混入が無い事等が確認されます。

<検査の合否判定>
 船積(コンテナ詰め)作業が完了した時点で、廃棄物原料の船積前検査は終了となりますが、この時点で特に貨物中に問題が認められなければ検査合格と認定されます。


4.検査証明書"PRE-SHIPMENT CERTIFICATE"の発行
 船積前検査を受検頂き、無事合格となった件には、検査証明書"PRE-SHIPMENT CERTIFICATE"を発行いたします。この証明書は、中国揚港での本検査(揚地検査)申請の条件となる重要な証明書となります。

f:id:aqsiqKC:20170315182845p:plain

受検上の注意点

>>廃棄物原料船積前検査受検上のご注意事項

 自然環境や生活環境等に悪影響を及ぼす有害物や危険物、中国政府公表の輸入禁止品目、リサイクル原料に適さない生活ゴミ等の混入にご注意下さい。
 万一、船積前検査時に発見されなくとも、本検査(揚地検査)でこうした禁止アイテムが発見された場合、通関許可が下りないばかりか、荷主負担にて貨物全量の積出し港へのシップバック等の処置が講じられ、更には、供給企業登録許可の抹消や同種貨物の日本からの輸入全面禁止などという事にまで発展したりするなど、皆様の貿易業務に大きく支障を来たす事になります。

 具体的には、以下のアイテムが要注意となります。

<全般>
リサイクルに適さない一般生活ゴミ
医療廃棄物
各種放射性物質
衛生関係廃棄物
リサイクル原料となり得ない不純物,ダスト分が多量に含まれるもの

<鉄屑、各種金属屑>
PCB含有絶縁油が使用された疑いの強い廃棄トランス、コンデンサ
油含有、付着の著しい廃物
密閉容器もしくは疑いの強いもの
エアコンや冷蔵庫などの廃家電類
冷蔵庫等で使われる圧縮機(レシプロコンプレッサー等で通称『黒モーター』と呼ばれるもの)
付着物として鉛の多いもの。基板類
微量放射線を発する耐火レンガ,耐熱物が付着するもの
断熱ウール等が多量に挟み込まれたままのもの
夾雑物を多量に含む廃自動車のプレス屑。ギロチン屑
タイヤ等ゴム屑の付着したもの

<古紙>
薬品などが浸透した疑いのあるもの
何らかの汚染が疑われるもの
未洗浄が疑われる飲料系紙パック屑
政治,宗教,倫理的に問題となる内容のもの

 上記以外にも禁止輸入目録も合わせてご参照ください。

 

AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。


李 佳雯/ Rika (海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338
〒100123 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com