読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(AQSIQ)廃プラスチックのリサイクル

廃プラスチックのリサイクルについては、長年の技術開発によって、現在では多くの手法が実用化されています。

f:id:aqsiqKC:20170315182715p:plain


これらの手法を大きく分けると以下の三つになります。

(1)マテリアルリサイクル(再生利用)

(2)ケミカルリサイクル(原料・モノマー化、高炉還元剤、コークス炉化学原料化、ガス化、油化など)

(3)サーマルリサイクル(セメント原燃料化、ごみ発電、RPF、RDF、ガス化、油化)

f:id:aqsiqKC:20170315182750p:plain


このように、リサイクル技術は著しい進歩を遂げ、広く普及しています。しかし、リサイクルはリサイクルすることそのものが目的ではありません。2000年に制定された循環型社会形成推進基本法が明確に示しているように、資源の循環的な利用により、石油など限りある天然資源の消費を抑制し、また環境への負荷をできる限り低減することがリサイクルの目的です。したがってリサイクルを進めるときには、その手法により新たな資源の投入が抑えられるか、環境への負荷が抑えられるかを慎重に見極める必要があります。
廃プラスチックのリサイクルでも、対象の廃プラスチックの置かれた状況を考え、最も社会的コストが低く、そして環境への負荷も抑えられる手法を選択することが重要です。


AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。

f:id:aqsiqKC:20170315182845p:plain

李 佳雯/ Rika (海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338
〒100123 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com